キャバクラとは

成人男性なら一度は足を踏み入れたことがあるだろう、キャバレークラブ、通称キャバクラ。
煌びやかな世界に、煌びやかな女性が闊歩して、まるで異世界に来たというか。
この意味ではアミューズメント施設というか、大人の遊園地的な立ち位置ですよねキャバクラって。

改めて定義をウィキから引用すると、語源はフランス語由来の「キャバレー」(cabaret)と、英語由来の「クラブ」(club)を合成した造語で、和製外来語である。
キャバレーのような明朗な時間制料金で、クラブの高級感を合わせ持つことを意図した。

1980年代半ばに現れた業態で「風俗営業等取締法」改正後の新たな業態として注目された。
当初は「3回通えば、店外デート」がセールスポイントであった。
料金が時間制である点がスナックや高級クラブと異なる。
これまでのキャバレーより小規模な店舗面積で多くの店舗が誕生した。
業界の成熟、店舗数の飽和が見られた1990年代後半以降は都市部の繁華街以外にも郊外への出店も見られている。
女性従業員(キャバ嬢・キャスト)には「笑顔での応対」や「相手に話を合わせながらいい気分でお酒を飲ませる」など、感情労働を求められる。
とのこと。

平たく言えば、若い綺麗な女の子が横について、1時間いくらで楽しくお酒を飲みましょうという場です笑。
ちなみにこんなこと書くとあれですけど、筆者個人はキャバクラっていうものにまるで魅力を感じていませんが、それはもしかしたら安いところにしか行ったことが無いからかもしれません。



《管理人推奨サイト》
煌びやかなキャバクラでアルバイトを始めるなら求人サイトを参考にしてみて下さい ⇒⇒⇒ キャバクラ アルバイト